※【この記事にはプロモーションが含まれています】

【WordPress】PHPとは?動的ページを作成するサーバーサイドのスクリプト言語

★ご訪問ありがとうございます!
WordPress

PHPとは?WordPressでよく聞くけど、そもそも「PHP]ってなに?

このように思っている人もいるかもしれません。

今回は「【WordPress】PHPとは?動的ページを作成するサーバーサイドのスクリプト言語」についてお伝えします。

WordPressを使う上でPHPについて知っている必要があるかというと、必ずしもそんなことはありません。

ただ、PHPの知識があればWordPressをカスタマイズすることができます。

今回はPHPに関連することもお伝えしていきますね。

PHPってなに?という方は記事を読んでみてくださいね。

※この記事は約6分で読めます。

※正しい情報の掲載に努めておりますが、記事内容の正確性を保証するものではありません。また情報が古くなっている可能性があることもご承知おきくださいますようよろしくお願い申し上げます。
アドセンス

PHPとは動的Webページが作成できるサーバーサイドのスクリプト言語

PHPとは、動的にWebページを作成することができるサーバーサイドのスクリプト言語です。

※”動的”の意味は後で説明します。

サーバーサイドのスクリプト言語とは、Webサーバー上で動作するプログラムを作成するためのプログラム言語のことです。

つまり、PHPとは動的にWebページを作成することができる、Webサーバー上で動作するプログラムを作成するためのプログラム言語です。

PHPで作られたアプリケーションとしては、

WordPress

が有名です。

WordPressは、PHPで作られているCMSの一つです。

※CMS:ホームページを管理・更新するためのシステムのこと。

動的なWebページと静的なWebページ

お伝えしたように、PHPは動的にWebページを作成することができるサーバーサイドのスクリプト言語のことなんですが、この”動的”とはどういう意味なんでしょうか。

実は、Webページには動的なWebページと静的なWebページがあります。

  • 静的なWebページ:誰がいつ見ても同じように表示されるページ
  • 動的なWebページ:条件によって表示される内容が変わるページ

静的なWebページは、いつ見ても同じように表示されるページになります。

画像や動画が埋め込まれていても、そのページは静的なWebページになります。

一方、動的なWebページは、

見るタイミングや状況などの条件によって表示される内容が変わるページ

になります。

動的なWebページの例としては、掲示板やタイムライン、問い合わせフォーム、ブログなどがあります。

例えば掲示板だと、投稿者がコメントを投稿するたびに、ページにはそのコメントが反映されます。

タイムラインも、見るタイミングで表示される内容が変わっていきます。

ブログも、投稿することで新着記事や関連記事の表示が変わります。

このようにアクセスするタイミングによって表示される内容が変わるWebページのことを

動的なWebページ

といいます。

PHPは、こういった動的なWebページを作成できるのスクリプト言語になります。

PHPで開発された「WordPress」は動的なWebページを作成することができるアプリケーション

ブログの作成でよくWordPressがおすすめされるのは、PHPで開発されたWordPressが動的なWebページを作ることが簡単にできてしまうからです。

ブログのように、更新するたびに新着記事や関連記事など表示する内容が変わるWebページの作成にWordPressは向いていると言えます。

そもそもWordPressはブログ用に開発されたといわれていますよね。

PHPは、MySQLなどデータベースとの連携が容易

PHPはMySQLというデータベース管理システムとの相性がいいので、よくPHPとMySQLの組み合わせでブログなどのWebサイトが構築されます。

ブログは、WordPressのようにブラウザ上で記事の追加や更新ができるアプリケーションで運用されることが多いので、PHPとMySQLはWebサイトを開発、作成するのに欠かせないものになっています。

PHPは、仕様や文法が比較的簡単

PHPは、仕様や文法が比較的簡単だといわれています。

そのためPHPは習得しやすいプログラム言語と言われています。

PHPの拡張子は「.php」です。

拡張子が「.php」であることで、サーバーがPHPファイルと認識します。

PHPはHTMLで書かれたファイルの途中に埋め込むことで一つのファイルとして使うことができます。

PHPについて、変数、演算子、if構文、関数などの知識があれば、WordPressをカスタマイズすることができます。

PHPでできること

PHPを使ってできることはいろいろあります。

  • WordPressのカスタマイズができる
  • SNSサイト、ECサイトが作れる

WordPressのカスタマイズができる

前述しましたが、PHPを使えばWordPressをカスタマイズすることができます。

意外によくあるんですが、PHPのコードを張り付けて様々なWordPressのトラブルや問題を解決することもできます。

WordPressのテーマやプラグインもPHPで作られています。

SNSサイトやECサイトが作れる

SNSサイトやECサイトもPHPで作れてしまいます。

いわゆる動的なWebサイトが作れるんですね。

ユーザーの登録機能、チャット機能などSNSに必要な機能も全てPHPで作成することができますし、ECサイトならショッピングカートや決済機能までPHPで作ることができます。

★WordPressが簡単インストールできるおすすめレンタルサーバー★

さて、そんなPHPで開発されたWordPress(ワードプレス)はブログ作成で最もポピュラーなものです。

WordPress(ワードプレス)使えば、比較的簡単におしゃれで洗練されたブログが作れてしまいます。

以下にWordPressが簡単にインストールができるレンタルサーバーをご紹介しますね。

どこも初めてのレンタルサーバーとしてもおすすめです。

●WordPressが簡単にインストールできるレンタルサーバーサービス

各レンタルサーバーについての口コミ・評判も気になりますよね。

以下の記事では各レンタルサーバーの口コミ・評判をまとめているので気になるレンタルサーバーの記事を読んでみてくださいね。

有名レンタルサーバー5社の口コミ・評判

以下は有名レンタルサーバーサービス5社の口コミ・評判をまとめた記事になります。

実際に利用している方の口コミ・評判はとても参考になります。

気になる記事があったら読んでみてくださいね。

ブログを始めたらA8ネットに登録しよう

ブログを開設したら、まずA8ネットに登録しておきましょう。

A8ネットはASPといわれるアフィリエイトの仲介サイトです。

アフィリエイト:企業や店舗の広告を自分のブログに掲載して、その広告を経由してサービスや商品が購入されたときにブログの運営者に報酬が発生する仕組みのこと。

A8ネットは、ブログの登録に審査がないのですぐに登録することができます。※登録自体はブログがなくてもできます。こちらのページでA8ネットについて詳しく解説しています

すぐに登録する方は下のボタンからA8ネットの公式ページにいけます。

A8.netの公式ページ

★WordPress関連リンク

当ブログのWordpress関連の記事です。

参考にしていただければ幸いです。

【WordPress】PHPとは?動的ページを作成するサーバーサイドのスクリプト言語 まとめ

というわけで、今回は「【WordPress】PHPとは?動的ページを作成するサーバーサイドのスクリプト言語」についてお伝えしました。

PHPとは動的にWebページを作成することができる、Webサーバー上で動作するプログラムを作成するためのプログラム言語です。

PHPで作られたアプリケーションとしては、WordPressが有名です。

WordPressを使う上で、PHPの知識が必要かと言われれば、必ずしも必要ではありません。

しかし、WordPressで何かのトラブルや問題が起こったときに、PHPのこのコードを張り付けてプログラムに追加すると解決できる、ということもあるので知っておいた方がいいとはいえます。

PHPを習得すれば、もちろん自分が作りたいWebサイトにするために、PHPを使ってカスタマイズすることも可能になります。

PHPは、比較的習得しやすいプログラム言語といわれています。

興味があればPHPの習得にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

最後に、記事でも紹介したWordPressが簡単にインストールできるレンタルサーバーサービスの公式サイトをもう一度載せておくので、興味があったらチェックしてみてくださいね。

●WordPressが簡単にインストールできるレンタルサーバーサービス

というわけで、今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。