※【この記事にはプロモーションが含まれています】

Windows365とは? マイクロソフトのクラウドPCのメリット・デメリット

★ご訪問ありがとうございます!
VPS

Windows365ってなに

という方もいるかもしれませんね。

マイクロソフトのクラウドPCとも呼ばれるWindows365ですがどのようなサービスなのでしょうか。

というわけで今回は「Windows365とは? マイクロソフトのクラウドPCのメリット・デメリット」についてお伝えします。

Windows365ってなに?という方は記事を読んでみてくださいね。

※この記事は約6分で読めます。

※正しい情報の掲載に努めておりますが、記事内容の正確性を保証するものではありません。また情報が古くなっている可能性があることもご承知おきくださいますようよろしくお願い申し上げます。
アドセンス

Windows365とは

Windows365とは、Microsoft(マイクロソフト社)が提供するクラウド上のWindowsを利用できるサービスのことです。

簡単にいうとクラウド版のWindowsということになります。

クラウド上のWindows環境にインターネットを使ってアクセスできるということですね。

クラウドPCともいわれますが、ネット環境さえあればどこからでもいつでもWindowsが使えるというサービスになります。

いわゆる仮想デスクトップサービスということになりますが、なによりマイクロソフトが提供しているということで信頼性の高いサービスといえるかもしれません。

Microsoftの仮想デスクトップサービスとしてはAzure Virtual Desktopがありますが、導入、構築、運用などの難易度が高くなかなか手軽ではないという難点がありました。

Windows365では、専門知識がなくても大丈夫と言われていてその手軽さがメリットの一つといえます。

Windows365のメリット

Windows365には以下のようなメリットがあるといわれています。

  • 外出先などネット環境があればどこからでもWindowsが使える
  • 手元のパソコン、デバイスが高スペックである必要がない
  • セキュリティ性が高い
  • 端末のコストを抑えることができる

外出先などネット環境があればどこからでもWindowsが使える

いわゆる仮想デスクトップサービスのメリットともいえますが、

外出先などネット環境があればどこからでもWindowsが使える

ということがあります。

インターネットが使えれば場所を選ばないので、テレワークやリモートワークには非常に便利です。

手元のパソコン、デバイスが高スペックである必要がない

Windows365では、Windows自体はクラウド上にあるのでデータの処理もクラウド上で行われます。

手元のパソコンやデバイスは必ずしも高スペックである必要はありません。

セキュリティ性が高い

前述したように、Windows365ではデータの処理はクラウド上で行われるため、手元のパソコンにはデータは残りません。

なのでデータの流出などのリスクが低いといえます。

そもそもデータの入ったパソコンを持ち歩く必要もないので、破損、紛失、盗難などのリスクもありません。

基本的にサーバーのセキュリティはマイクロソフト(Microsoft)の管理になるのでユーザーは運用の手間が少なくかつセキュリティ性も高いといえるでしょう。

OSなども常に最新の状態に保たれるので、その意味でもセキュリティ性は高いといえます。

端末のコストを抑えることができる

Windows365では、クラウド上のWindowsに手元のパソコンやデバイスからアクセスするので、データの処理もクラウド上で行われます。

手元のパソコンで処理を行うわけではないので、パソコン、デバイスはスペックが低くても大丈夫です。

なので、高スペックなパソコンをそろえる必要がないので、端末のコストを抑えることが可能です。

Windows365のデメリット

Windows365には以下のようなデメリットもあります。

  • 通信環境にに左右される
  • 1ユーザーごとに月額費用がかかる
  • ヘルプページがわかりづらい

通信環境にに左右される

Windows365は、通信環境に左右されます。

通信回線の状態が良くないと動作が重くなる可能性があります。

なので高品質で安全性、信頼性の高い通信回線を選ぶ必要があります。

通信回線に何かのトラブルで使えなくなってしまうと、操作ができなくなってしまうということもデメリットといえます。

1ユーザーごとに月額費用がかかる

Windows365では、1ユーザーごとに月額料金がかかります。

なので長期利用を考えるとパソコンの実機を購入した方がコストが安くなる可能性も考えられます。

※公式サイトをみると利用料金も月額で4380円~と少し高い印象ですね。

Windows 365 クラウド PC のプランと価格 | Microsoftより画像引用

ヘルプページがわかりづらい

海外製品全般に言えるかもしれませんが、サービスのヘルプページがわかりづらいということがあります。

Googleなど基本的に海外のサービスは日本語のヘルプページがわかりづらい、と感じる人は多いのではと思います。

※個人的にはコレ本当にそう思います。

電話サポートもあるようですが日本語のサポートは「繋がりにくい」という声もありサポート面では少し不安な印象です。

国内最大手エックスサーバー運営「Xserver クラウドPC」

Xserver クラウドPCは、国内最大手のレンタルサーバー”エックスサーバー”が運営する仮想デスクトップサービスです。

外出先などでWindows環境を使って作業したい場合に非常に便利です。

Xserver クラウドPCの特徴として

  • 高性能なサーバー
  • 安定した品質と高い信頼性
  • 充実したサポート

があります。

高い性能と信頼性はもちろんですが、お申し込み前の相談から利用方法のサポートまでを

専門のスタッフが行うので初心者の方や慣れていない方でも安心して利用できます。

●Xserver クラウドPCの料金プラン

プランお試しプランエントリープランスタンダードプランビジネスプランハイエンドプラン
RDSライセンス料金0円0円0円0円0円
初期費用0円0円0円0円0円
月額料金2860円~3590円~5680円~8390円~18840円~
メモリ2GB3GB5GB10GB16GB
vCPU2コア3コア4コア8コア16コア
ディスク容量(NVMe)100GB200GB300GB500GB1000GB
2024年3月3日時点

※現在(2024年3月23日時点)

半額キャッシュバックで実質月額1430円~

のキャンペーンを行っています。※2024年4月15日12:00まで

Xserver クラウドPCについては以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

今回の記事の関連記事になります。

気になる記事なあったら読んでみてくださいね。

Windows365とは? マイクロソフトのクラウドPCのメリット・デメリット まとめ

というわけで今回は「Windows365とは? マイクロソフトのクラウドPCのメリット・デメリット」についてお伝えしました。

Windows365はマイクロソフトが提供する仮想デスクトップサービスになります。

いわゆる仮想デスクトップサービスとしてのメリットと、マイクロソフトの信頼性が高さがポイントになります。

コストやサポート体制が気になる場合は、国内最大手エックスサーバーが提供する「Xserver クラウドPC」もおすすめです。

●関連記事

仮想デスクトップサービスって?【Xserver(エックスサーバー)クラウドPC】で外出先からWindowsにアクセス!

というわけで今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。