※【この記事にはプロモーションが含まれています】

Windows Serverが使えるVPSサービスを徹底比較!性能・特徴とおすすめの人

★ご訪問ありがとうございます!
VPS

WindowsのVPSサービスを比較したい

という方もいるかもしれません。

WindowsのVPSとは、Windows環境のVPSということでWindows Serverのことを指します。

Windows Serverが使えるVPSサービスの料金やスペック・機能などが比較できると、より自分に合ったWindowsのVPSが見つかることが期待できますよね。

というわけで今回は「Windows Serverが使えるVPSサービスを徹底比較!れぞれの特徴とおすすめの人」についてお伝えします。

WindowsのVPS、Windows Serverが使えるVPSサービスを比較してみたいという方は記事を読んでみてくださいね。

●Windows Serverが使えるVPSサービス

※下に比較表があります。

●FX自動売買におすすめWindowsのVPSサービス

お名前.com デスクトップクラウド

シン・クラウドデスクトップ for FX

※正しい情報の掲載に努めておりますが、記事内容の正確性を保証するものではありません。また情報が古くなっている可能性があることもご承知おきくださいますようよろしくお願い申し上げます。

WindowsのVPSとは 【Windows Server】

冒頭でもお伝えしたように、WindowsのVPSとは、Windows Serverのことを指しでいます。

VPSのOSには主に

  • Linux系
  • Windows系

のものがあります。

このWindows系のOSに当たるのがWindows Serverになります。

一般的に、専門知識が必要で操作もコマンドを用いて行うとされているサーバーOSですが、

Windows Server(ウィンドウズサーバー)はGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)が使えるなど、Linux系OSに比べて扱いやすいといわれています。

※GUI:グラフィックなどを用いて直感的な操作が可能になるインターフェイスのこと。簡単に言うと、マウスやタッチパネルなどが使えるということですね。

Windows Serverとは

Windows Serverとは、Microsoft(マイクロソフト)社が提供する商用のサーバーOSになります。

  • GUIが使える
  • マイクロソフトの製品と相性がいい

といった特徴があります。

Windows Server(ウィンドウズサーバー)とLinux系のOSとの違いは以下のような感じです。

Linux系Windows Server
(ウィンドウズサーバー)
扱いやすさ専門知識が必要で少しハードルが高いWindowsPCで馴染みがあり扱いやすい
コスト比較的安価Linux系より高い傾向
シェアシェア率が高い採用する企業が増えている
ライセンスライセンス料がかからないライセンス料が高い

Windows Server(ウィンドウズサーバー)はWindowsPCで馴染みがあり扱いやすい反面、ライセンス料が高いなどコストがかかる傾向があります。

Linux系OSは長年の実績もありシェア率が高いですが、Windows Serverもパソコン用にOSの圧倒的なシェアがあるため採用する企業が増えているようです。

Windows Serverが使えるVPSサービス 各社の特徴とおすすめの人

今回、比較する「Windows Server」が使えるVPSサービスは以下になります。

  • Xserver for Windows Server
  • ConoHa for Windows Server
  • Winserver(ウィンサーバー)
  • Windows Server VPS 【ABLENET(エイブルネット)】
  • さくらのVPS for Windows Server
  • KAGOYA VPS Windows Server
  • WebARENA Indigo for Windows Server

Windows VPSはFX自動売買でも良く利用されます。FX自動売買専用VPSも下の方で紹介しています。

Xserver for Windows Server

Xserver for Windows Server公式サイトより画像引用。

Xserver for Windows Server

Xserver for Windows Server
運営会社エックスサーバー株式会社
リリース2023年3月8日

Xserver for Windows

Xserver for Windows Serverは名前の通りエックスサーバー株式会社の運営になります。

エックスサーバーはレンタルサーバーとしても非常に人気があるのでご存じの方も多いと思います。

Xserver for Windows Serverのリリースは2023年の3月なので、まだリリースから1年(2024年3月1日時点)と比較的新しいサービスになります。

Xserver for Windows Serverの特徴

  • 初期費用無料でコストはサーバー料金のみ
  • ハイスペックなサーバー環境
  • 「Microsoft Office」が利用可能
  • いつでもどこでもWindowsが使える
  • 24時間サーバー監視

Xserver for Windows Serverは、エックスサーバーVPSのWindows搭載プランという位置づけになります。

初期費用無料でかかるコストはサーバー料金のみになります。

エックスサーバーは、サーバーの性能やコストパフォーマンスには定評がありますが、Xserver for Windows Serverも同様に高性能・高コスパになっています。

Xserver for Windows Serverで採用されているストレージ「NVMe SSD」はエックスサーバー以外ではあまり見かけませんね。

※NVMe:高速インターフェース。不揮発性メモリを使用したストレージ(SSD)のための規格。

またリモートワークには欠かせないMicrosoft Officeの利用が可能になっています。※追加でライセンス料金がかかります。

場所を選ばずに社内資料の作成・閲覧などができるのは大きなメリットになりますね。

Xserver for Windows Serverでは、サーバートラブルなどに備えて24時間サーバーの有人監視を行っています。

トラブル発生時には専門の技術者が対応することでサーバーの安定稼働を維持しています。

Xserver for Windows Serverがおすすめな人

Windows Serverの用途は色々ありますが、どんな用途にも対応できるバランスの良さと安定感・安心感がXserver for Windows Serverのメリットといえます。

  • 低コストでWindows環境を用意したい方
  • Windows環境で開発作業がしたい方
  • リモートワークで本格的な資料の作成(Officeの利用)がしたい方
  • 社内PCの一元管理がしたい方
  • FXの自動売買がしたい方

Xserver for Windows

ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Server公式サイトより画像引用。

●ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Server
運営会社GMOインターネットグループ株式会社
リリース2018年年4月24日

ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Serverは、レンタルサーバーサービス「ConoHa WING」などを運営するGMOインターネットグループ株式会社が提供しているWindows ServerのVPSサービスです。

2018年4月から提供を開始していますが、こちらもVPSサービスとしてはまだ比較的新しいといえるかもしれませんね。

ConoHa for Windows Serverの特徴

  • 初期費用無料・最低利用期間無し
  • 料金が国内最安値水準の低価格
  • Microsoft Officeを利用可能
  • いつでもどこでもWindowsが使える
  • 24時間サーバー監視

ConoHa for Windows Serverは、公式サイトにもあるように

テレワーク利用者満足度No1

を獲得したということで、リモートワーク・テレワーク用途での利用者の満足度が高いということになります。

初期費用無料で月額1077円からWindows環境が利用できるということで、やはりテレワーク用途での利用がおすすめされます。

ConoHa for Windows Serverでは、料金体系が

  • まとめトク
  • 時間課金

の2つから選ぶことができます。

まとめトクは、長期利用の割引サービスとなっていて時間課金の最大10%OFF(月額1077円)での利用から可能になっています。

時間課金は、スポット利用者向けの料金プランで、1時間毎の課金になるので使った分しか料金が発生しないので、コストを最小限に抑えることが可能です。※1か月利用した場合でも月額料金を超えることはありません。

ConoHa for Windows Serverがおすすめな人

  • テレワーク・リモートワーク用途で使いたい人
  • スポット利用で使いたい人

ConoHa for Windows Serverは名前もそうですが、その特徴もXserver for Windows Serverと割と似ています。※リリースはXserver for Windows Serverの方が後になります。

ConoHa for Windows Serverは、スポット利用者向けの時間課金が利用できます。

ConoHa for Windows Server

Winserver(ウィンサーバー)

Winserver公式サイトより画像引用。

●Winserver(ウィンサーバー)

Winserver(ウィンサーバー)
運営会社アシストアップ株式会社
設立1998年4月8日

ウィンサーバー

Winserver(ウィンサーバー)はWindows専門のレンタルサーバーになります。

WinserverはVPSだけでなく

  • 共用サーバー
  • 専用サーバー
  • 仮想デスクトップ
  • クラウドマネージド

などのサービスも提供しています。

Windows ServerのVPSサービスとしては「Windows VPS」が該当します。

Winserver(ウィンサーバー)Windows VPSの特徴

Winserver自体の特徴として

マイクロソフトのホスティングパートナー

ということが挙げられます。

ホスティングパートナーとは、マイクロソフトにクラウドサービスの実績が認められてパートナー企業として認定されているということです。

つまり、Windows環境のサービスとしてもその実績をマイクロソフトが認めているということになります。

公式サイトによると「Windows VPS」の特徴として

  • Hyper-Vx最新OS
  • 業界最高のコストパフォーマンス
  • 無料サポート
  • メモリ完全補償
  • SSD搭載
  • スケールアップ
  • セキュリティ対策
  • 稼働率99.99%
  • データ保護
Winserver公式サイトより引用

が挙げられていますが、特に他のVPSサービスとの違いとしては

  • 実績と信頼性
  • 丁寧なサポート
  • コスパの良さ

というところがあります。

Winserverがマイクロソフトのホスティングパートナーであることは前述していますが、Windows専門のレンタルサーバーとしての14年にわたる実績があります。

丁寧なサポートも高く評価されていて、導入企業の”声”が多数掲載されているところも企業としての誠実性を感じますね。

また、料金プランが豊富なので希望に合ったプランが見つかりやすいということもあります。

プランはスケールアップが可能なので、必要に応じて容量を追加することもできます。

Winserver(ウィンサーバー)にはVPSでは比較的珍しい2週間の無料お試しが可能です。

Winserver(ウィンサーバー)がおすすめな人

  • 実績があり信頼性を重視している人
  • 充実したサポート体制が欲しい人
  • 豊富なプランから選びたい人

という人にはおすすめになります。

企業の導入実績が豊富なので、法人におすすめともいえます。

ウィンサーバー

Windows Server VPS 【ABLENET(エイブルネット)】

ABLENET VPS公式サイトより画像引用。

●Windows Server VPS 【ABLENET(エイブルネット)】

ABLENET(エイブルネット)
運営会社株式会社ケイアンドケイコーポレーション
設立1998年2月

WindowsServer VPS【ABLENET】

ABLENET(エイブルネット)も運用実績が豊富な老舗レンタルサーバーサービスになります。

ABLENET(エイブルネット)の特徴

  • プランやリソースの変更が可能
  • 転送量が無制限
  • 高速SSD
  • 最大10日間の試用期間がある

ABLENET(エイブルネット)は、プランやリソースの変更が可能になっています。

アップグレード、ダウングレードともに可能なので状況に合わせて最適な環境に変更ができます。※V0プランへの変更はできません。

ABLENET(エイブルネット)にも最大10日間の試用期間があるので、実際に試してみることができます。

※ちなみに最低利用期間もありません。

ABLENET(エイブルネット)は、FXの自動売買用途でもよく利用されています。

VPSを利用してのFX自動売買では通常MT4/5を使います。

MT4/5を動かすにはWindows Serverを利用するのが一般的ですが、実はWineというソフトを使えばLinux環境でもMT4/5を動作させることが可能です

ABLENET(エイブルネット)には

Ubuntu Desktop 22.04 with MT4/5

というテンプレートがあるので、Linux環境でのFX自動売買が可能になります。

Linux環境でのFX自動売買 どんなメリットがある?

Linux環境だとWindows Serverのようにライセンス料がかからないのでWindows環境よりもかかるコストを安くすることができます。

ABLENET(エイブルネット)がおすすめな人

  • 安定性の高いVPSサービスを利用したい方
  • メモリに対するコスパのいいVPSサービスを利用したい方
  • MT4/5でFXの自動売買をしたい方
  • Windows Serverを利用せずになるべく安い料金でFXの自動売買をしたい方

WindowsServer VPS【ABLENET】

さくらのVPS for Windows Server

さくらのVPS for Windows Server公式サイトより画像引用。

●さくらのVPS for Windows Server

さくらのVPS for Windows Server
運営会社さくらインターネット
設立1999年8月17日

さくらのVPS for Windows Server

KAGOYA VPS Windows Serverはカゴヤ・ジャパン株式会社が運営するVPSサービスになります。

さくらのVPS for Windows Serverの特徴

  • いつでもどこでもWindowsが使える
  • Microsoft Officeが利用可能
  • 全6種類の料金プラン
  • 複数台管理のしやすいコントロールパネル
  • 上位プランへのスケールアップに対応

さくらのVPS for Windows Serverは、リモートデスクトップによっていつでもどこでもWindows環境利用できます。

Microsoft Officeの利用も可能なのでビジネス用途にもおすすめです。

サーバーの再起動やOS再インストール、コンソール画面の操作などがブラウザから簡単にできるコントロールパネルで、また複数台管理もさらにしやすくなっているとしています。

プラン変更は上位プランへのアップグレードのみ可能になっています。

さくらのVPS for Windows Serverがおすすめな人

  • Windows環境で開発作業がしたい方
  • リモートワークで本格的な資料の作成(Officeの利用)がしたい方

さくらのVPS for Windows Server

KAGOYA VPS Windows Server

KAGOYA VPS Windows Server公式サイトより画像引用。

●KAGOYA VPS WindowsServer

KAGOYA VPS Windows Server
運営会社カゴヤ・ジャパン株式会社
設立2018年6月5日

KAGOYA VPS Windows Server

KAGOYA VPS Windowsw Serverの特徴

  • 老舗レンタルサーバーサービス「カゴヤ・ジャパン」の運営
  • 1日単位でWindows Serverが使える
  • メモリ1GBあたりのコスパがいい

KAGOYA VPS Windows Serverがおすすめな人

  • Windows Serverを1日単位で使いたい方
  • IISとASP.NET Coreを使ったWebアプリを構築したい方
  • 24時間起動したいアプリがある
  • MacOSでWindows環境が使いたい