※【この記事にはプロモーションが含まれています】

従量課金(時間課金)で利用できるVPSサービス3社を比較

★ご訪問ありがとうございます!
VPS

従量課金(時間課金)で利用できるVPSサービスってどこがある

という方もいるかもしれません。

月々のVPSの利用がそれほど多くない場合やスポット利用のときなどは、定額の料金だと割高になってしまう可能性があります。

そうしたときに従量課金であれば使った分だけの課金になるので、かなり利用料金が抑えられるということがあります。

というわけで今回は「従量課金で利用できるVPSサービス3社を比較」についてお伝えします。

従量課金で利用できるVPSサービスってどこがある?という方は記事を読んでみてくださいね。

●従量課金を採用しているVPSサービス

※この記事は約10分で読めます。

※正しい情報の掲載に努めておりますが、記事内容の正確性を保証するものではありません。また情報が古くなっている可能性があることもご承知おきくださいますようよろしくお願い申し上げます。
アドセンス

従量課金(時間課金)とは

従量課金(時間課金)とは

毎月VPSを利用した分だけ料金が発生する料金体系

のことです。

料金はVPSを利用した分しか発生しないので、

  • VPSの毎月の使用量がそれほど多くない場合
  • VPSをスポットで利用したい場合

などでは月々の利用料金を抑えられる可能性があります。

従量課金(時間課金)のVPSサービス3社

従量課金(時間課金)方式を採用している主なVPSサービスには以下があります。

  • ConoHa VPS 
  • KAGOYA VPS 
  • WebARENA Indigo 

●従量課金(時間課金)のVPSサービス比較表

ConoHa VPSKAGOYA VPSWebARENA Indigo
(Linuxの場合)
初期費用無料無料無料
最低利用期間なしなしなし
料金
(月額上限)
1円/時~107円/時
(751円/月~59290円/月)
20円/日~943円/日
(550円/月~26400円/月)※大容量プランあり
0.52円/時~24.21円/時
(319円/月~15400円/月)
メモリ512MB~64GB1GB~32GB768MB~32GB

CPU
1コア~24コア1コア~12コア1コア~8コア
SSD30GB~100GB25GB~200GB20GB~640GB
備考Windows ServerプランありWindows ServerプランありWindows Serverプランあり
2024年4月11日時点 税込

ConoHa VPS 

ConoHa VPSはレンタルサーバーのConoHa WINGなどを運営するGMOインターネット株式会社の運営になります。

ConoHa VPS

特徴としては

・すぐに始められる(始めやすい)
・コントロールパネルが使いやすい
・用途に合わせたテンプレート
・VPS初心者のためのコンテンツがある 

などがあります。

ConoHa VPSの料金・スペック

ConoHa VPSの料金体系には

  • 時間課金
  • まとめトク

の2つがあります。※2024年4月11日時点

スポット利用者向けの時間課金タイプでは、1時間単位の課金になっているので、コストを最小限に抑えることが可能です。

月額の上限も決まっているので、1か月の利用で月額料金(上限)を超えて請求が発生することはありません。

●時間課金

ConoHa VPS
初期費用無料
最低利用期間なし
料金
(月額上限)
1円/時~107円/時
(751円/月~59290円/月)
メモリ512MB~64GB

CPU
1コア~24コア
SSD30GB~100GB
備考Windows Serverプランあり
2024年4月11日時点

まとめトク

ConoHa VPS
初期費用無料
料金
296円/月~22795円/月
メモリ512MB~64GB

CPU
1コア~24コア
SSD30GB~100GB
備考Windows Serverプランあり
2024年4月11日時点

長期の利用においては長期利用割引サービスである「まとめトク」の方がお得にVPSを利用できます。

ConoHa VPS

ConoHa VPSではWindows Serverに特化した「ConoHa VPS for Windows Server」もあります。

ConoHa for Windows Server

KAGOYA VPS 

KAGOYA VPSは老舗レンタルサーバーサービスのカゴヤ・ジャパン株式会社の運営になります。

カゴヤ・ジャパンのVPS

KAGOYA VPSの特徴としては

  • 老舗レンタルサーバーサービス「カゴヤ・ジャパン」の運営
  • OSの種類やバージョンが豊富
  • 1日単位でVPSが利用できる

ということがあります。

●KAGOYA VPSの料金・スペック

KAGOYA VPSの料金は以下のようになっています。

KAGOYA VPS
初期費用無料
最低利用期間なし
料金
(月額上限)
20円/日~943円/日
(550円/月~26400円/月)※大容量プランあり
メモリ1GB~32GB

CPU
1コア~12コア
SSD25GB~200GB
備考Windows Serverプランあり
2024年4月11日時点 税込

料金プランは上記のスタンダード料金の他に

大容量プラン

があります。

こちらは動画コンテンツなどの大容量データを扱いたい方におすすめのプランになります。

カゴヤ・ジャパンのVPS

KAGOYA VPSにもWindows Serverのサービスがあります。

KAGOYA VPS Windows Server

WebARENA Indigo 

WebARENA IndigoはNTTPCコミュニケーションズが提供するVPSサービスになります。

NTTPCは、NTTコミュニケーションズの子会社で、ネットワーク総合企業になります。1985年にパソコン通信を取り扱う企業としてスタートして以来、先進的なサービスを提供し続けています。

WebARENA (Indigo)

WebARENA Indigoの特徴としては

  • 料金が安い 国内最安値 ※2022年10月13日時点 NTTPC調べ
  • NTTPCの国内データセンターで運営
  • OSが豊富
  • KUSANAGIテンプレートを提供

ということがあります。

WebARENA Indigoの料金・スペック

WebARENA Indigoの料金・スペックは以下のようになっています。

WebARENA Indigo
(Linuxの場合)
初期費用無料
最低利用期間なし
料金
(月額上限)
0.52円/時~24.21円/時
(319円/月~15400円/月)
メモリ768MB~32GB

CPU
1コア~8コア
SSD20GB~640GB
備考Windows Serverプランあり
2024年4月11日時点 税込

WebARENA IndigoにもWindows Serverのプランがあります。

WebARENA (Indigo)

●従量課金(時間課金)のVPSサービス比較表

ConoHa VPSKAGOYA VPSWebARENA Indigo
(Linuxの場合)
初期費用無料無料無料
最低利用期間なしなしなし
料金
(月額上限)
1円/時~107円/時
(751円/月~59290円/月)
20円/日~943円/日
(550円/月~26400円/月)※大容量プランあり
0.52円/時~24.21円/時
(319円/月~15400円/月)
メモリ512MB~64GB1GB~32GB768MB~32GB

CPU
1コア~24コア1コア~12コア1コア~8コア
SSD30GB~100GB25GB~200GB20GB~640GB
備考Windows ServerプランありWindows ServerプランありWindows Serverプランあり
2024年4月11日時点 税込

定額課金と従量課金(時間課金)どちらがいい?

VPSをどのように利用したいかで定額課金がいいか従量課金(時間課金)がいいかが変わってきます。

従量課金は

  • VPSをスポットで利用したい
  • 月の利用量がそれほど多くない

という方に向いているとされています。

一方の定額課金は、長期でVPSを利用したい場合に割引でお得になることが多いですね。

例えば、

ConoHa VPSの場合、1か月以上利用する場合は長期割引サービスである「まとめトク」の方がお得になっています。

今回の3つのVPSは従量課金であっても月額の上限は決まっているので月額料金が上限をこえることはありません。

用途別おすすめVPS

用途別のおすすめVPSサービスになります。

●WordPress用高速Webサーバー

WordPress(ワードプレス)を高速で動かしたいという方は、WordPressの高速実行環境「KUSANAGI」がおすすめです。

ConoHa VPSなら、プライム・ストラテジー社公式認定のKUSANAGIかんたん管理ツール「KUSANAGI manager」が用意されているのでコマンド操作が不要でKUSANAGIの設定が行えます。

ConoHa VPS

●Minecraft用のマルチサーバー

Minecraft(ゲーム)用のマルチサーバーにおすすめなVPSサービスは

  • Xserver for GAME
  • ConoHa for GAME

になります。

Xserver for GAME

人気オンラインゲームのMinecraft用にマルチサーバーを構築したいという方は、Mincraft用のマルチサーバーが構築できるアプリイメージが用意されているXserver for GAMEがおすすめです。

エックスサーバーVPSではMinecraft以外にも以下のゲーム用マルチサーバーが構築できるイメージが用意されています。

  • ARK
  • Assetto Corsa
  • CS:GO
  • Factorio
  • Project Zomboid
  • Rust
  • Term Fortress 2
  • Terraria
  • Valheim
  • 7Days to Die

Xserver for Game

エックスサーバーのVPSサーバー

●ConoHA for GAME

ConoHa for GAMEでは、テンプレート機能を使って簡単にMinecraft用のマルチサーバーを立てることができます。

また、Minecraft用のマルチサーバーの立て方を解説したわかりやすい記事もあり、初心者の方でも大丈夫なように配慮されています。

ConoHa for GAME

ConoHa VPS

FXの自動売買用サーバー

FXの自動売買用サーバーのおすすめVPSサービスは

お名前.com デスクトップクラウド

シン・クラウドデスクトップ for FX

になります。

どちらも「FX自動売買専用」とありFXの自動売買用に特化したVPSサービスになります。

初心者向けVPSサービス

初心者向けのVPSサービスは、当たり前ですが初心者の方に配慮された記事や解説があってわかりやすいところがいいですね。

おすすめ初心者向けVPSサービス

●さくらのVPS

VPSの初心者向けのコンテンツがあるVPSサービスとしてはさくらのVPSがあります。

さくらのVPS

「ネコでもわかる!さくらのVPS講座」はVPSを理解するのにおすすめです。

●カゴヤ・ジャパン

KAGOYA CLOUD VPSもVPSの活用方法を解説した記事が充実しています。

カゴヤ・ジャパン

●エックスサーバーVPS / ConoHa VPS

エックスサーバーVPSとConoHa VPSは、用途別に用意されたイメージやテンプレートで初心者の方でも目的のサーバーが構築できるようになっています。

エックスサーバーのVPSサーバー

ConoHa VPS

Windows Serverが使えるおすすめVPS

Windows Serverはマイクロソフトが提供するWindows系のサーバーOSになります。

メリットに

  • Windowsでしか動かないアプリを使いたい。既存システムがWindows系
  • 操作がわかりやすい方がいい
  • 初心者の方 
  • サポート体制がしっかりしている方がいい
  • 導入にある程度費用がかけられる

ということがあります。

Windows Serverが使えるおすすめVPSサービス

VPS関連記事

VPSの関連記事になります。

気になる記事があったら読んでみてくださいね。

お名前.com デスクトップクラウド

従量課金(時間課金)で利用できるVPSサービス3社を比較 まとめ

というわけで今回は「従量課金(時間課金)で利用できるVPSサービス3社を比較」についてお伝えしました。

VPSの利用の仕方によっては、従量課金を採用しているVPSの方がお得になる可能性があります。

従量課金方式の料金でも今回ご紹介したVPSサービス3社では月額の上限が決まっているので、月額の上限を超えた請求は発生しません。

VPSの利用の仕方によって従量課金(時間課金)方式のところを検討してみるのもいいかもしれません。

●従量課金を採用しているVPSサービス

というわけで