※【この記事にはプロモーションが含まれています】

仮想デスクトップ(デスクトップクラウド)が利用できるクラウドサービス5選

★ご訪問ありがとうございます!
VPS

仮想デスクトップサービスを利用したい

という方もいるかもしれません。

仮想デスクトップといっても、用途によって使い方はいろいろにはなります。

今回は「仮想デスクトップ(デスクトップクラウド)が利用できるクラウドサービス5選」についてお伝えします。

仮想デスクトップが利用できるクラウドサービスは?という方は記事を読んでみてくださいね。

●仮想デスクトップが利用できるクラウドサービス5選

※この記事は約6分で読めます。

※正しい情報の掲載に努めておりますが、記事内容の正確性を保証するものではありません。また情報が古くなっている可能性があることもご承知おきくださいますようよろしくお願い申し上げます。

仮想デスクトップ(デスクトップクラウド)とは

仮想デスクトップとは、

サーバー上にデスクトップを作成し、遠隔でどの端末(パソコン、スマートフォンなど)からでもそのデスクトップを操作できるようにする機能

ということになります。

簡単に言うと、手元のデバイス(パソコン、タブレットなど)からクラウド上のコンピュータを操作できるサービス、ということです。

テレワーク、FX自動売買、Windowsの開発環境などで主に利用されていますが、アイデア次第で使い方は色々です。

サービスによってはデスクトップクラウド、クラウドデスクトップなどと呼ばれることもあります。

仮想デスクトップが利用できるクラウドサービス

仮想デスクトップが利用できるクラウドサービス5選になります。

それぞれおすすめされる用途に特化しているサービスもあるので参考にしてみてくださいね。

XserverクラウドPC

Xserverの仮想デスクトップサービスといわれる「XserverクラウドPC」です。

ネット環境があれば、クラウド上のWindowsにいつでもどこからでも簡単にアクセスできます。

アイデア次第で使い方は色々ですが、テレワークや24時間PCを稼働させるFX自動売買などのおすすめされています。

リモート接続が前提になっているのでRDSライセンス料金が無料になっています。

●特徴

  • 高性能なサーバー
  • 充実したサポート
  • 安定した品質と信頼性

●料金プラン

プランお試しプランエントリープランスタンダードプランビジネスプランハイエンドプラン
RDSライセンス料金0円0円0円0円0円
初期費用0円0円0円0円0円
月額料金3280円~4100円~6501円~9630円~20480円~
メモリ2GB3GB5GB10GB16GB
vCPU2コア3コア4コア8コア16コア
ディスク容量(NVMe)100GB200GB300GB500GB1000GB
2024年7月1日時点

Microsoft Officeも月額3080円で利用できるので、ビジネス用途ではかなり活躍しそうです。

現在(2024年7月7日時点)のキャンペーン情報

対象:キャンペーン中に新規でお申込みのサーバーアカウント

期間:2024年6月17日(月)12:00 ~ 2024年8月13日(火)12:00まで

内容12ヶ月のご契約で、利用料金30%キャッシュバック!

※キャンペーンは頻繁に行っているので公式サイトをチェックしてみてくださいね。

仮想デスクトップサービス『Xserver クラウドPC』

シンクラウドデスクトップ for FX

シンクラウドデスクトップ for FXは名前の通り、FX自動売買専用のクラウドサービスになります。

こちらもRDSライセンス料金が無料になっています。

●特徴

  • Xserver VPSがベースになっている
  • ハイスペックな性能
  • 料金が安い
  • FX自動売買用に配慮されている
  • サービス品質保証制度(SLA)がある

●料金プラン

契約期間お試しスタートアップスタンダードプレミアム
1か月3250円4030円6250円9361円
3か月3130円3910円6130円9100円
6か月29903705円5915円8600円
12か月2620円
→キャッシュバックで実質1310円!
3315円
→キャッシュバックで実質1658円!
5330円
→キャッシュバックで実質2665円!
8060円
→キャッシュバックで実質4030円!
RDSライセンス料0円0円0円0円
初期費用0円0円0円0円
月額料金は契約期間分の料金を1か月あたりに換算した金額です。

※赤字は現在(2024年7月7日)のキャンペーン適用価格になります。キャンペーン期間:【2024/5/27 12:00 – 2024/7/22 12:00

FX自動売買専用なので、公式サイトには取引ツールの推奨個数も記載されています。

お試しスタートアップスタンダードプレミアム
メモリ2GB3GB5GB10GB
vCPU2コア3コア4コア8コア
ディスク容量
(NVMe)
80GB150GB200GB300GB
MT4推奨個数

シンクラウドデスクトップ for FX

お名前ドットコムデスクトップクラウド

お名前ドットコムデスクトップクラウドもFX自動売買専用とされています。※公式サイトでは通常のデスクトップクラウドとしての利用も提案されています。

●特徴

  • コスパ抜群
  • 高性能サーバー
  • 充実のサポート
  • 安心の返金保証
  • MT4/MT5に対応

●料金プラン

お名前ドットコムデスクトップクラウド公式サイトより画像引用 2024年7月7日時点

お名前.com デスクトップクラウド

ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows ServerはConoHa VPSのWindows Serverサービスです。

RDSライセンスを追加することで仮想デスクトップとして利用することができます。

●特徴

  • 初期費用無料・最低利用期間無し
  • 料金が国内最安値水準の低価格
  • Microsoft Officeを利用可能
  • いつでもどこでもWindowsが使える
  • 24時間サーバー監視

テレワーク利用者漢族度NO1を獲得しているということで、特にテレワーク、リモートワーク用途に利用されています。

●料金プラン

「まとめトク」と「時間課金」の2つの料金プランがあります。

長期利用割引プラン「まとめトク」の場合

プラン1GB2GB4GB8GB16GB32GB64GB
初期費用無料無料無料無料無料無料無料
月額料金1077円~2178円~4296円~8470円~15972円~32428円~65340円~
メモリ1GB2GB4GB8GB16GB32GB64GB
CPU2コア3コア4コア6コア8コア12コア24コア
SSD100GB100GB100GB100GB100GB100GB100GB
※2024年7月7日時点

スポット利用者向け時間課金の場合

プラン1GB2GB4GB8GB16GB32GB64GB
初期費用無料無料無料無料無料無料無料
料金1210円/月
2.5円/時
2420円/月
4.9円/時
4719円/月
9.7円/時
9317円/月
19.4円/時
17545円/月
36.3円/時
35574円/月
73.9円/時
72358円/月
151.3円/時
メモリ1GB2GB4GB8GB16GB32GB64GB
CPU2コア3コア4コア6コア8コア12コア24コア
SSD100GB100GB100GB100GB100GB100GB100GB
※2024年7月7日時点

ConoHa for Windows Server

Winserver(ウィンサーバー)

アシストアップ株式会社が提供するWinserver(ウィンサーバー)ですが、以下のようなサービスを提供しています。

  • Windows VPS
  • Virtual Desktop(仮想デスクトップ)
  • レンタルサーバー(共用サーバー)
  • 専用サーバー

ということで仮想デスクトップ環境を利用することができます。※RDSライセンスが1ユーザー分付与されています。

ウィンサーバー

●特徴

  • マイクロソフトのホスティングパートナー
  • サポートが充実している
  • コスパがいい
  • セキュリティ環境も充実

●料金プラン

SSDの場合

Winserver公式サイトより画像引用 2024年7月7日時点

HDDの場合

Winserver公式サイトより画像引用 2024年7月7日時点。

HDDプランはストレージ容量がSSDより大きくなっていますが、SSDの方が読み書き速度が速くなっています。

ウィンサーバー

関連記事

今回の記事の関連記事になります。

気になる記事があったら読んでみてくださいね。

仮想デスクトップ(デスクトップクラウド)が利用できるクラウドサービス5選 まとめ

というわけで今回は「仮想デスクトップ(デスクトップクラウド)が利用できるクラウドサービス5選」についてお伝えしました。

基本的にRDSライセンスが付与されているサービスが主になりますが、ConoHa for Windows Serverのようにライセンス料金が別にかかるサービスもあるので公式サイトは確認してくださいね。

●仮想デスクトップが利用できるクラウドサービス

というわけで今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。